ユーザ用ツール

サイト用ツール


session

講演企画概要

会場にはセッションやディスカッションが可能な舞台が2箇所設営されます。 自薦他薦ともに、何かを伝えたい方、プレゼンしたい方向けの講演企画です。

講演企画については応募内容を主催者側で審査させていただきます。 今のところ竹市議長による基調講演が決定しています。

30分枠と60分枠が選択できます。

講演内容一覧

photo 題目 概要 略歴
竹市悟己   基調講演
知能の未来
知能は人類の最も重要な特質だが、時代によって必要とされる知能の内容は変化してきた。本公演では過去に人類が知能によって解決してきたことを概観し、AIの発展がよそうされる将来において必要とされる能力を予想する。 京都大学理学修士。成基総研経営企画室フェロー・日本教育学会会員。高IQ者の行動傾向や特有の困難への解決手段として、「遊びなおし」の概念を提唱する。アクティブラーニングや学力伸長に関する研究のほか、「私教育新聞」等での連載がある。JAPAN MENSA 議長
賀内正文 IoT ラケット試作 スマートスピーカなど、世の中ではIoT(Internet of Things)が何かと話題ですが、卓球のラケットをIoT化すると、こんなことになりました。
加速度センサーと圧力センサーを搭載し、マイコンが打球を判定します。判定は意外な方法でフィードバックされます。
スマートホンでレベルを確認することもできます。このラケットを使えば、あなたも卓球の上達が早くなるかも!?
株式会社FREEMIND 空カンパニー CEO
情報処理安全確保支援士、システム監査技術者、ITストラテジスト等
石﨑仁一 新規事業アイディアの出し方と東京モーターショーでの講演話  新規事業アイディアの出し方作り方
新規事業で評価される「スケール化」とは
ハッカソンとスタートアップ
ハッカソン・アイデアソンで評価されるアイディア
これからの産業創出とハッカソン・アイデアソン
ハッカソンで評価される「スケール化」とは
ハッカソン・アイデアソンを使った地方創生
シリコンバレーのスタートアップ
ハッカソンで作ったブロダク
ITビジネス今後の展望
東京モーターショーでの講演話
2017年次期運営委員選挙当選(選管発表)
東京モーターショーで講演
内閣府ハッカソン優勝
総務省ハッカソン優秀賞
300人参加VRハッカソン優勝
28チーム参加楽天ハッカソン優勝
ドコモ ハッカソン優勝120万円受賞
シリコンバレー500Startupsプレゼン
アクセンチュアアイデアソン優勝
印度カリー子 インドカレーなる22か月 普通の女子大生が19歳の冬にインドカレーに出会い、好きになり、毎日作るようになって、「印度カリー子」となり。
1年後スパイスショップを開業してから現在21歳1か月までのお話
「毎日自炊でインドカレー」をキャッチコピーに、これまで400種類以上のスパイスレシピを開発。
おうちインドカレーの魅力を伝える活動をしております。スパイスショップ経営、料理教室の開催、レストランのメニュー開発などをしている21歳の女の子。
大学では物理を勉強中
明ケ戸亮太 デジタルゲームに置き換えて考える日本の選挙 本講演では日本の政治や選挙を『デジタルゲーム』に置き換え、参加者に楽しみながら理解をしていただくことを目的とします。
日本の選挙活動はゲーム性が高く、テレビゲームのような戦略性、エンターテイメント性を持ち合わせています。
そこで、実際のテレビゲームを事例に用いて、選挙制度の解説を行うと共に、参加者ならどのような戦略を立てるかなどの疑似体験を通じて政治に対する理解を深めていただきます。
1999年 私立秀明栄光高等学校 卒業
1999年 株式会社アケド 入社
2010年 株式会社アケド 退社
2010年 明ヶ戸商事 設立
2011年 川越市議会議員 当選(一期目)
2013年 JAPAN MENSA 入会
2015年 株式会社クリエイトワン 設立
2015年 川越市議会議員 当選(二期目)

タイムスケジュール

  • 11:00~11:30 竹市悟己「知能の未来」
  • 11:40~12:40 石﨑仁一「新規事業アイディアの出し方と東京モーターショーでの講演話 」
  • 12:50~13:20 印度カリー子「インドカレーなる22か月 」
  • 15:40~16:10 賀内正文「IoT ラケット試作」
  • 16:20~16:50 明ケ戸亮太 「デジタルゲームに置き換えて考える日本の選挙 」

※お申込みなしで来場することができます。席数は各回200程度と十分な数がありますが、立ち見も可能です。 

レギュレーション

  • MENSA の目的に著しく反しないもの
  • 特に政治、宗教、性別、人種、年齢の扱いに注意すること
  • 複数人による講演も可能
  • 生演奏不可(会場規程)
  • 寸劇等は応相談

スペース

主催者側で準備するもの

  • 100~300人規模の舞台装置
  • 講演台
  • マイク等音響一式
  • プロジェクタとスクリーン
  • 誘導担当のボランディア人員
  • 講演内容のパンフレット等への掲載

参加者側で準備するもの

  • 講演資料一式
  • 必要な小物一式
  • パソコン等

ひょっとしたら主催側で準備できるもの

  • インターネット無線接続
  • 要望があればインカムやヘッドセット

エントリフォーム

session.txt · 最終更新: 2017/12/14 17:46 by admin